2013年06月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

« 2010年05月 | メイン | 2012年01月 »

2010年11月 アーカイブ

2010年11月03日

なれる!SE―2週間でわかる?SE入門 読書感想文

なれる!SE―2週間でわかる?SE入門 (電撃文庫)
夏海 公司 Ixy

4048686054
アスキーメディアワークス 2010-06-10
売り上げランキング : 1198
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


久々に記事書いたと思ったらラノベの読書感想文とかどうかしてるぜ俺・・・w

でもあれですよ。ネタがネタだけに、ここで扱うのもアリじゃないですか。アリですよね?あれ・・・

タイトルだけ見ると、最近増えてきた、萌える学術書/技術書系の本に思えますが、ライトノベルです。

amazonのレビューでも割と高評価。コッチ方面の文化(アニメ・ゲーム・ライトノベルなど)が好きな現役SE/プログラマって少なくないと思うんだけど、現場を知る人間の感想もちらほら。あぁ、自分もそうでした・・・wこの職業の惨状を知らない人が読んだらどんな感想を抱くか逆に興味あるのだけど、現場を知ってる人間からすれば、「これでもまだいいほうだろう・・・家に帰れるだけ幸せだと思え」って思う人も居そう。そのくらい下見てもキリがないそんな恐ろしい業界。もちろん、この職種なのに「こんなにヒドい状況なんてあるわけないだろw」って思う人も居ることは居るのでしょう・・・うらやましいわw

考えてみれば、自分も徹夜した数が3桁いくようなこともないし、いや、2桁にしても全然少ない方っていうか、多分20なんていかない。世間の一部の人の徹夜の数え方だと、余裕で3桁でしょうけど・・・だって2時とかに寝始めて徹夜とか、いやそれただの「泊まりこみ」なだけで・・・でも「貫徹」って言葉もあるから、イマイチ徹夜の定義がわからん。だれか教えてください・・・w自分は 貫徹≒徹夜 って感覚。。。ですかね。明け方寝るとかそういうのも含みですけど。2時に寝て徹夜は無いwww4時5時までは頑張ろうぜ・・・徹夜なら・・・w

さて、話を作品のほうへ戻しまして、

内容(「BOOK」データベースより)
平凡な社会人一年生、桜坂工兵は厳しい就職活動を経て、とあるシステム開発会社に就職した。そんな彼の教育係についた室見立華は、どう見ても十代にしか見えないスーパーワーカホリック娘で!?多忙かつまったく優しくない彼女のもと、時に厳しく指導され、時に放置プレイされながら奮闘する工兵。さらには、現場を無視して受注してくる社長のおかげで、いきなり実際の仕事を担当させられることになり―。システムエンジニアの過酷な実態をコミカルに描くスラップスティック・ストーリー、登場。

っていうお話なんですけどね・・・
読んでる最中ずーっと、室見立華(CV:釘宮理恵)
で再生され続けたんだけど、同じ人いっぱいいますよね?いますよね?いますよね?

工兵クンは、日野聡さんでいいんじゃないでしょうか。鉄板コンビで。

それにしても、ウチの業種って、なかなかドラマチックなことも憧れるような要素もないので、フィクションの類の題材になることなんてほとんど無いんだけど、この作品は、ちゃんと現実離れをそれほど・・・・室見立華の存在そのものがフィクションすぎるかw
でも、中身の説明やら、実際起きることなんてのはホントよくあること。そんなことを題材にちゃんと物語を組み上げて面白くするってのがよくできてるのかな。と。
あまり期待しすぎちゃイケナイけれども、読了後はスッキリした感じの気持ちになれるんじゃないかと思います。

ただ、、、、、これ読んで「よし!俺もSEになるぞ!」って思った人が居たなら、全力で止めてあげたい。
何をどう間違ってもSEだけにはなるなよ!絶対だ!絶対にだ!
・・・・作者さんのあとがきもしっかり読んでくださいね。本当に。

それでもやるっていうなら、頑張ってください。応援します。助けられないだろうけど。


ちなみに2巻も出てますが、現在読んでる最中でございます。

なれる!SE 2 (電撃文庫 な 12-7)
夏海 公司 Ixy

4048689371
アスキー・メディアワークス 2010-10
売り上げランキング : 11356
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Powered by
Movable Type 3.35

About 2010年11月

2010年11月に内藤なフリープログラマのブログに投稿されたすべてのエントリーです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年05月です。

次のアーカイブは2012年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。